第1番 長安寺 (略縁起)

写真 天文2(1533)年、法蓮社龍譽上人による開山。本尊は阿弥陀如来で、木造。高さは3尺5寸(約105p)。観応年間(1350〜52)の作で、万治年間(1658〜61)に修復がなされた。正面右の不動堂には、横須賀市指定文化財の不動明王が祀られる。久村丸山の堂より当地に移安された記録がある。当寺は、「六字詰念仏」の寺として知られ、毎年の十夜法要はにぎわい、「南無阿弥陀仏」の念仏が念仏講によって唱えられる。山門左には、鐘楼堂、その脇には関東大震災の物故者の供養塔がある。



午歳の守り本尊 − 勢至菩薩

写真智慧の光をもって万物を照らし、衆生の迷いを除き、苦を取り除く偉大な力を持つ菩薩。観音の慈悲に対し、勢至菩薩の徳は智慧を人々に施す。通常は左手に蓮の花、右手でこの花を強く押し開こうとする像が多いが、当寺の像は合掌の姿を保つ。

ご真言/おん さんざんさく そわか
縁日/23日




札所詳細

寺院名/亀養山長安寺 宗派/浄土宗 寺院本尊/阿弥陀如来 住所/横須賀市久里浜2-8-9 電話/046・835・0543  関連札所(三浦半島内)/三浦28不動尊霊場9番、三浦38地蔵尊霊場6番
〔電車・バス〕京急久里浜駅下車、徒歩8分。またはJR久里浜駅下車、徒歩11分。
〔車〕横横道路「佐原」ICから京急久里浜駅方面へ。駅手前の信号を右折。