第2番 傳福寺 (略縁起)

写真  鎌倉名越の安養院末で開山は昌興(天文6年寂)、中興は利鶯(明暦元年寂)である。本堂は安政2(1855)年の建物で、本尊は阿弥陀如来。堂内右側の厨子の中に子年本尊の千手観音が安置されている。この像はもと、高山の観音堂にあったが大正12年の大震災の折当寺に移安された。鎌倉時代の作といわれるが、秘仏の為開扉されない。境内右側には「百枚供養塔」、庫裡玄関前に、お顔を横に振り向いた珍しい見返地蔵尊が祀られている。



子歳の守り本尊 − 千手観音菩薩

写真 正式には、千手千眼観世音菩薩といい、一切衆生を救うため、千の手と千の眼を具足している。眼と手はその慈悲と救済のはたらきが無量無辺なことを表している。衆生を取り巻く、悪事・災難を除くことを誓願としている。

ご真言/おん ばざら たらま きりく
縁日/7日




札所詳細

寺院名/明星山 傳福寺 宗派/浄土宗 寺院本尊/阿弥陀如来 住所/横須賀市久里浜 8-23-1 電話/046・835・0386  関連札所(三浦半島内)/三浦33観音霊場12番、三浦38地蔵尊霊場7番
〔電車・バス〕京急久里浜駅より野比海岸行きバス「久里浜港」で下車。徒歩5分。
〔車〕横横道路「佐原」ICより京急久里浜駅を直進し、くりはま花の国方面へ。