第3番 妙音寺 (略縁起)

写真 本尊は「不空羂索観音菩薩」。通称、「三浦大師」「花山曼荼羅」と称する。天正年間(1573〜92)に中興の祖、賢栄法印によって、古の寺地「妙音寺原」より移築したという記録がある。往時は寺域周辺を走る鎌倉街道沿いに七堂伽藍の形態で存在したといわれている。また、小田原北条氏の庇護を受け、雨乞いの祈願寺として栄えた。三浦道寸義同の鐙一双を寺宝とするも現存はしない。「関東88カ所霊場58番札所」。「東国花の寺百ヶ寺─山ゆりの寺」。



未・申歳の守り本尊 − 大日如来

写真真言宗の総本尊で、大宇宙のいのちの根本、根源を表す仏。大日如来の徳は永遠不滅の光をもって、この世を昼夜の別なく、全て平等に隈なく照らして全てのものを育み活動させること。宗祖の弘法大師は自らの「いのち」はこの大日如来の「いのち」そのものと説いている。

ご真言/おん ばざら だとばん(金剛界)
縁日/8日




札所詳細

寺院名/飯盛山 妙音寺 宗派/高野山真言宗
寺院本尊/不空羂索観音菩薩 住所/三浦市初声町下宮田119 電話/046・888・2226  関連札所(三浦半島内)/三浦33観音霊場14番、三浦28不動尊霊場15番、三浦七福神6番(福禄寿)

〔電車・バス〕京急三崎口駅より徒歩17分。
〔車〕
横横道路「衣笠」ICより三浦縦貫道経由、「林」ICより国道134号で三崎方面。三崎口駅前交番の信号を左折。
※団体バスでの進入はできません